【断捨離】古のオタクがグッズを処分した話【グッズメイトレビュー】

スポンサーリンク
グッズメイト グッズ処分
小学生のころからアニメや漫画、ゲームが大好きな生粋のオタクでした。

しかし、気づけばグッズが・・・グッズがすごい山に・・

年齢も年齢だし、このままではいけない!と思い、この度思い切ってグッズを処分しました。

 
私

当時の思いもあるし、すごい悩みました・・
同じようにグッズの処分で悩んでいる人もいるのでは?と思い、今回はグッズを処分した経緯とその方法についてまとめてみました。

嫌な思いをしない・損をしないが前提になっていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

処分する前にその方法を全力で考えてみた


まずは処分する方法について考えてみました。
自分が好きで購入したわけですから、作品と自分の思いを台無しにする方法だけはなんとしても回避したい。

そうなると、自動的に【捨てる】は選択肢に入りません。やっぱり欲しい人の手に渡ってほしいんですよね。そこで考えた手段はこの3つ。
  • ツイッターで取引
  • メルカリで取引
  • 買取業者に丸投げ
とりあえず全部試してみました。以下は感想になります。

ツイッター

若い子たちが主に使っている手段ですね。取引用アカウントを作って、検索してもらった人に買い取ってもらう。

・・はっきりいってとても面倒でした。
DMでやりとりしながらの取引なので、完全に個人の良心を信用するしかありません。

幸いにもやりとりした相手は普通の人でしたが、どうやらこの方法は詐欺被害もあるみたいですね。なので1回ぽっきりでやめてしまいました。

メルカリ

ヘタすりゃツイッターよりも面倒かも?と感じました。専用ページを作ったり、値下げ対応をしたり・・・評価システムが気になり、早く・ていねいに!という謎の強迫観念にかられてしまいました。

 
私

いいねがつくのに、売れないのも地味にストレスでした・・
高値で売れるには売れるのですが、ひたすら面倒すぎる。なので数回でやめてしまいました。ツイッターと同じく、やりとりがが好きな人以外はおすすめできないかも(;´・ω・)

業者


結局行きつくところは業者でした。理由として、
  • 一括で送れる
  • 詐欺はありえない。
  • 面倒なやりとりがない
  • 最終的には欲しい人の手元に届く
 
私

面倒なやりとりがなければこれでいいかな、と・・
とはいえ、ものの価値もわからないところには正直売りたくありません。
そこで、オタクグッズに特化している買い取り業者を調べました。
スポンサーリンク

業者徹底比較

オタクグッズの買取はこの3業者が有名なようです。
特徴をまとめるとこんな感じ↓
同人誌買取 段ボール 事前見積もり 送料 査定 入金 その他
グッズメイト × 用意してくれる(無料) HP記載なし 無料 商品到着後即 査定額の承諾後即 買取キャンセル返送料も無料
らしんばん 自分で用意 可能 自己負担
※条件付き無料
商品到着当日~1週間 査定額の承諾後即
駿河屋 自分で用意 可能 自己負担
※条件付き無料
商品到着から4~14日 査定額の承諾後即 通信買取手数料648円~864円必ず負担有
総合的に見て、リスクがないグッズメイトさんを利用しました。

 
私

査定・入金も早いし、キャンセルの送料も無料なら損しないかなぁと。
スポンサーリンク

レビュー | グッズメイトを利用してみた

グッズメイト 買取
とりあえずグッズメイトにまずは連絡ということで、専用フォームに必要事項を入力して送信。翌日には段ボールが届いてました。自分で用意しなくていいのはありがたいですね。大は小を兼ねるから・・と一番デカい段ボールを選択。

段ボールの中身は送る際の注意事項と、着払い伝票、簡単な緩衝材が同梱されていました。なので、特にそろえるものはありませんでした。



ひととおり梱包した後、ヤマトに集荷依頼をしてひとまずは完了。
私

一掃してしまった・・今までの時間はいったいw

翌々日にはもう査定のメールが来てた


とにかく早いとは聞いていたものの、送った翌々日に査定メールが届いていました。仕事早すぎィ!

結果、査定額アップキャンペーンで990円なり

 
私

や・・・やすい・・ガクッ
状態もいいのに、どうして!?と少し納得がいかなかったものの、基本的には流行りものやDVD以外はこんな感じらしいです。

総評


冷静に考えると、送料もかかってないし、手数料もかかってないことを考えたらまあまあ良いほう・・なの・・かも?

グッズメイトは売り手も買い手も多いみたいだし、ほしい人の手元に自分の買ったグッズがわたると思えば、悪くはないといったところでしょうか。

結論として、長引くやり取りが面倒な人には大いにアリかなと感じました。

そういえば、昔読んだ本に、購入した時気持ちを高揚させてくれたのなら、それだけでその商品はその役目を果たしたと書かれていたのを思い出しました。

いつまでも締まっておかれる事こそが不幸と考えれば、今気持ちが高揚しないものは手放した方がいいのかもしれませんね。
私

ちなみに昔読んだ本は、こんまりさんの人生がときめく片づけの魔法ですw

コメント